まっくろくろすけのblog

たくさんのアルバルクと、少々のKis-My-Ft2で日々を過ごしてますが、エンタメ全般大好きです(*´꒳`*)

バスケの移籍のお話

移籍情報もちょっとひと段落しましたね。

 

アルバルク的にはすっさん(須田選手)が来てくれるとのことで、また面白い人来たなって感じです。この前のD選手のイベントの時、黒髪に戻してましたね。彼、シティーボーイ化しようとしていますよ!

あと、カーク大明神が契約継続ということで、涙が出るほどうれしかったです。今シーズン、絶対つらかったと思うのよ!でも、奮闘してくれ、チャンピオンという形で終われて、これでやりきったって、移籍してしまったら、、、と起こってないことでソワソワしておりましたよ。

もちろん移籍しても応援するつもりでしたが、やっぱ、アルバルクにいてくれるということで、嬉しさはひとしおです、、、あーざす(''Д'')

 

あと、ちょっとチーム編成面白いなぁと思っているのがビーコルです。

川村選手に細谷選手っていう、チームカラーを表現していた選手が退団するなか、どんなメンバーをそろえるのかと思ったら、生原選手に牧選手、そこでまさかのアキ選手。なかなかに個性的な面々でびっくりしております。

でも、たぶん、トムのイメージするチームというのに近づいていると思うので、今年は注目だぎゃよ(´艸`*)

 

あ、あと、クマさん(熊谷選手)が川崎は、びっくりしました!

なるほど、やはり川崎的にも走れるビックマンは欲しいということですな。ファジーカスはどうしても、走りあいになっちゃうと厳しいからね。今年は、関東に面白い面々がそろってくれてうれしいですよ♪

 

つぎのシーズンは10月か、、、長いなぁとかおもってたら、あっという間に10月きちゃうんだろうな。

でも、そのまえにW杯よね!こんなに国際試合が楽しみなの久しぶりだぁ!!

 

二階堂くんと間宮くんのいい並び

キスマイBUSAIKU!のSP見ました。

 

途中から、しれっと間宮祥太朗くんが参加していた!

そして、二階堂くんと間宮くんが横並びの2ショット。良きね、男顔!がっつりしていてよい!今のTV界に足りない絵力よ!(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

(ちなみに、間宮くん2段目でいいのか?笑)

 

二階堂くんのドラテクは恐ろしくかっこよかった!

私、昭和人間なので、車の運転がうまいってだけで、イイねしてしまうタイプです_(:3 」∠)_ちょろ

かなりのイケメンでした。

 

あと、北山さんのローラとのデートはちょっと興味深かったです。

今までモテてきたんだろうなぁっていうチャラさがありつつ、あんまり女性相手に踏み込まないタイプに感じました。なんか、女性が自滅していくタイプのイケメンだなと。やりよるわ、彼_( _´ω`)_ペショ

 

あと、間宮くんですが、彼まじで暑いね。なんというか、存在感とか圧とか。絶対、面と向かったら怖くて逃げるやつだわ。画面越しがちょうどよろし(´っ・ω・)っ

極楽の加藤さんが、この子はいじっても大丈夫な子、と思ったのか、後半結構いじられてて、面白かった!テレビもっと出てくれたらよいのにな♪

 

キスマイの番組、ゴールデンでもよく見るようになって良きかな♪

あとは、10万円でできるかなが、ちゃんと定期的にやれるようになるといいんだけどね、、、

毎週○曜日はこの番組、って定着すると、また一歩前に進める気がしているよ、私♪

バスケ好きがバスケットLIVEとDAZNのどっちかを選んだ時

去年いっぱいまで、DAZNとバスケットLIVEを両方契約してました。

(元々、Yahoo!のプレミアム会員だったので、バスケットLIVEは無料ですが、、、)

 

で、年明けくらいから引越しを考えるようになって、引越しには一先ず金だ!と思って、いらないお金を削ることにしました。

一先ず、惰性で契約していた契約のアプリ関係を、バッサバッサ行くことにしました。

 

で、気になったのが、DAZNの契約。

最初、日本代表戦が見たくて、DAZNは契約したんですが、リーグ戦はバスケットLIVEで見ていて、かつDAZNは全試合配信しているわけではない。

と言うことでバッサリ切りました。

 

ってことで、今振り返って、結局DAZNは解約しても全然問題なかったって点を書こうかなと。

 

その1 DAZNは全試合配信しない。

B2はもちろん、B1も全部は配信しないですからね。これが正直致命的だったかなと。Bリーグ好きにDAZNは絶対オススメしないです。

(ちょうど年明けくらいかな?アルバルクの試合を、配信予定だったのが、当日何の予告もなしに配信中止になって、あとでSNS上で謝罪。って言うのもありましたね。ツイッター上で、アルバルクブースターが荒れておった)

 

その2 DAZNアーカイブ期間が短い

これは、どちらかと言うとバスケットLIVE頑張ったなって点なのですが、今、バスケットLIVEの見逃し配信が1ヶ月なんですよね。で、DAZNは1週間。

良い試合は何回も見たいじゃないですか。そりゃ、長い方がいいよね

ファイナルも何度も見ました(TVも録画してるんですけどね)

スポナビの時は1週間だった気がする)

 

その3 DAZNは操作がよくわからん

これ、私の携帯の使い方が悪いだけかもしれないんですけど、DAZNが見逃し配信とハイライトが同じページ?の中で、ボタン一つで切り替えってやつだったんですけど、すこぶる使いずらかった。

まず、その切り替えボタンが見つからなかったです。それで、何度見るのを諦めたか。操作性、大事ですよね

あと、バスケ以外のコンテンツも扱っているため、ごちゃごちゃしてて、観たい試合がなかなか見つからないです。

 

その4 DAZNは画質が選べない

バスケットLIVEは4段階で選べます。私は、TVに出力する時は一番画質がいいやつ、外で携帯で見る時は画質低くしてみてました。

外でも通信料に気を使いながらも観れるのは、良いですよ。

DAZNは画質が選べずです。(少なくとも私が調べた限りは)

 

 

その5 DAZN高い

バスケットLIVEは月額500円くらい、DAZNは月額1800円くらい

バスケだけでいいなら、バスケットLIVEで全く問題無しです。

 

 

と言うことで、どこをどう観ても、バスケを見るならバスケットLIVEの方がオススメだなと。

 

もちろんDAZNのいいところはあるんですよ

解説の人でいい人がたまにいたりとか、オリジナルのコンテンツが結構面白いとか。

でも、やっぱり一番大事は試合な訳で、その点で満足を得られないと、ごめんなさいしちゃいますわな。

 

これで、日本代表戦をバスケットLIVEでやってくれたら完璧なんですけどね。

W杯あたりで、バスケットLIVEが頑張ってくれないか期待しまひょ

 

あ、あくまでバスケ好きが行っているだけなので、それ以外のスポーツを見る人はもちろんDAZNがいいのかもしれないですよ。(他のスポーツのネット配信をよく知らないですが)

 

あー、今頃馬場ちゃん、頑張ってるのかな。。。

馬場ちゃん、キャンプに行くってよ!

馬場ちゃん、キャンプ参加です。

 

www.alvark-tokyo.jp

 

誇らしいけど、本当にNBAに行ってしまったら、ちょー寂しい

(今から起こってもないことを心配する)

 

にしても、改めて思うが、キャンプってたった3日なんだね。

この3日が、人生を左右すると思うと、スポーツ選手ってすごい世界で生きていますね。

 

馬場ちゃん頑張れ!

 

 

パラレルワールド・ラブストーリーを観たお話

パラレルワールド・ラブストーリーを観てきました。

全体通して楽しかったです。

中盤過ぎくらいまで、適度にストレスが与えられて、それがほどけていく時、人の嫌な部分にも触れることになって、でもそれが綺麗に描かれることで愛しさを感じてしまう、なんとも禁忌的な心地よさでした

告知であった、謎解きっていう要素はあまり楽しめませんでしたが、それを補って余りある、人として生きていく、エゴイスティックな愛しさを感じる時間でした

 

※以下、ネタバレ含みまする※

 

まず感じたのが、バランスが良いなと。

玉森くんの内向きの力と、吉岡さんの受け取る力のパワーバランスが良くて、二人の関係値が、世界を行き来しても違和感なく見れましたし、

染谷さんや玉森くんの、中盤から後半にかけての、自分の大切な部分を守ろうとすればするほど、もっと大切なものを壊しそうになってしまう、ギリギリなお芝居の感じも、怒り慣れてない人ってこんな感じなんだろうな、と感じられて、心穏やかに見れました(←いい意味でね!

豪華キャスト陣集結とかって、よくわからない基準で客寄せしようとするよりは、よっぽど作品のためのキャスティングで良かったと思いますよ。

(決してそういう映画が悪いわけじゃなくて、そういう頭の悪い宣伝の仕方が嫌ってだけですよ♡)

 

あと、麻由子が適度にクズでした。いるよね、こういう子!って感じで、崇とのラブシーンまでの流れとか、お前、それどうなんだー!ってツッコミながら見てしまいました。さすが東野先生。(褒め言葉です!

時系列に麻由子のやったこと並べると、なかなかの悪女だと思うんですよ。

 

1、電車で崇とすれ違います

(目をそらすシーン、あざといですが、まぁ良いです)

2、智彦と出会って付き合います(別に問題なし)

3、崇にアプローチされて拒絶してたのに最終的にねます(え?)

(この間、智彦が倫理的に問題のある研究をしているのを疑問を持ちながらも見守ります。)(ここに関する麻由子の存在感の薄さ!)

4、智彦の研究の資料を探し、崇の監視をするため、

 崇と偽の恋人としての生活を送ります(神経図太いな)

5、崇が記憶を戻したら、私たち間違ってた、みたいな雰囲気出して、

 全てなかったことにする。(「私たち」って言っちゃう?)

 

ざっと並べただけでも、もうちょっと君がなんとかできたところってあるんじゃないかな、って感じません?

彼女も、智彦も崇も、本当の意味で自分を好きでいてくれてるのか不安もあったとは思うんですけど、にしても、もうちょっとやり方あったでしょーって気持ちでした。

(映画、1回しか見てないので、間違っているところあったらごめんちゃい)

 

あと、1個私が感じたのは、結局、麻由子は二人とものことをそこまで好きじゃなかったんじゃないかなと思いました。

智彦に関しては好きと言うより憧れ、崇は寂しさを埋める相手としてしか見てなかったんじゃないかと。

本当に智彦のことを愛していれば、崇に期待を持たせるような素振りはせずに、智彦を不安にさせないように立ち振舞えると思うし、研究のことも、話が大きくなる前に倫理的にどうなのって話もできたと思います。

崇に関しても、本当に好きなら、崇と関係を持った段階で、自分の口で智彦に話をするべきだったと思うんですよ。

なんか、もう、全編通して、麻由子の実像が掴めないまま、亡霊みたいな感じで、身近にこんな子いたら、女子会の絶好の話題の的になりますよ。メシウマですよ。

まぁ、上遠野先生に言わせれば、好きなんて感情に理由はなくて、自らの口で語る理由は全て後付けらしいので、そう言う意味では麻由子は間違ってないんでしょうけど。(急な上遠野先生。)

 

あと、作品通してですが、音楽とか効果音とかを極力減らしていて、すごく見やすかったです。

これは、好みが分かれると思うんですが、無理やり、見ている感情を煽るような音楽のつけ方をしてなくて、私は自分の感情のまま見ることができました

(私、あまり感情の起伏がない人なので、無理やり盛り上げられたりすると、疲れちゃうんですよね)

 

全編通して、心地よく見れました。

 

1点、難癖を付けるとしたら。。。

記憶を書き換える装置、おシャレにならなかったかな?ってところですかね。

一昔前のSFに出てきそうな頭からかぶるタイプで、ちょっと笑っちゃいそうになりました。

(多分、リアルに作ると、MRIみたいな機械になる気がするんですよね。座っている状態って、意外と人の体って安定しないと思うので。)

散々リアルを積み重ねてきてたので、急にチープな世界観になってびっくりしてしまいました。

 

それ以外は、思ってたより、全然良かったです。

2回目を見に行くかはわかりませんが、1回は見ておいて良かったです。

 

さ、どっかのタイミングでピカチュウ見に行かないとなー

色白の話

パラレルワールドラブストーリー」の番宣で、玉森くんといろんなところで見ます!なんか、どの番組も楽しそうで何よりです

そんな番組を見ながら思ったのですが、思っていることが顔(というか眼)に出やすい方なんですね、リアクションに嘘がないところが、見ているこっちが笑えてくるという。

 

「ウチのガヤがすみません!」でのりんごちゃんとの料理とか、爆笑でした!

千の風になってを聞きながら中華鍋とりんごちゃんの顔を交互に見ているのとか、時空のゆがみに迷い込んだみたいに、好奇心と戸惑いで目線がキョロキョロしてて、笑いが止まりませんでした。

 

にしても、玉森くん、どの番組出ても色がまっちろですよね!

番組ごとに照明の加減も違うから、全て白さの具合が毎回違うという、メイクさん大変だろ、、、!と思う次第です。はい

SMAPのCMが好きな話

暇になったとき、ネットでCMをみるのがすきです。

で、改めて思うのは、香取さんのファミマのCMといい、整髪料のCMといい、SMAPの時と変わらず、本当にセンスがいいですよね。

ディレクションチームが一緒なのかな?

 

個人的に好きだったのが、ドラクエの昔のCMで、SMAPの5人が子供になってたやつでした。

よくよく考えると、あれ、SMAPだったのは顔だけなんですよね。

 

いやー、あれほど思い切ったCMをアイドルではめったに見れないですよね。

5人とも、全身は映らない、笑顔は映らない、本人たちの声も聴けない、さらにはアイコラなんてアイドル側からは嫌がられるだろう方法で映像がつくられる。

でも、その結果作られた15秒が、最高に見ごたえがあるっていうのが、本当にクールでセンスがあると思います。

制作側のSMAPに対するリスペクトと、SMAP側の制作への信頼があったからこそできることだなと。

 

まぁ、一般の視聴者は、面白けりゃ何でもいいんです。

結局、アイドルらしくあってくれっていうの求めているのはファンの人だけだと思うので、アイドルらしさを残してしまう限り、ファンの人向けっていう内輪ウケ感は拭えなくなりますよね。

ただ、それは悪いことでもなんでもなくて、あくまで選択肢の問題かなと(ファンの人の為に頑張るっていうのは、アイドルとして正しいかたちですからね)要は、どこを目指し、貫き通すかですよね。

 

これ、あくまで私個人のイメージですが、

SMAPは広く浅くを突き詰めていった結果、広く深く受け入れられ、

嵐は、深く狭くを突き詰めていった結果、広く深く受け入れられたのではないかなと

 

どちらが正しいとかではなく、どちらのグループも業界に名は間違いなく残す訳で、2グループが貫き通した結果ですよね

 

ただ、本人たちの頑張りだけではどうにもできない部分もあります。

一般層を狙う限り、消費コンテンツの一部になってしまうことは避けられないので、そこをコントロールするのは、マネージメントや制作側の塩梅ですよね。

なまじ、広く浅くを取っ掛かりにして成功したSMAP的は、このコントロールが、本当に巧くされていたのではないのかなと思います。

そういう意味で、SMAPさんは本当に恵まれてたんだと感じます。

(いや、それ考えると、SMAPファンの人は愛が深いよな。自分たちが好きなアイドルじゃない姿も受け入れていたわけですもんね)

 

ま、全て私の憶測の域はでない話ですが(´_ゝ`)